Indibiz-log

副業、不動産、株、ネット収入・・・お金に関する情報を発信するブログ

引っ越しの初期費用、仲介手数料について知っておきたい事

f:id:redandblack71:20181009110203j:plain

引っ越しでは何かとお金がかかる。

その中でも特に初期費用には、多くのお金がかかる。

そんな引っ越し初期費用の中でも、今回は仲介手数料について触れていきたいと思う。

  

仲介手数料とは?

仲介手数料は、物件を紹介している不動産会社に払うお金だ。

不動産会社など物件を載せているホームページを見ていると、「仲介手数料」を記載していない場合も多い。

不動産会社は出来るだけ「安い金額で引っ越せるように見せたい」ので、記載していないのだろう。

だが、そのような物件でも仲介手数料が発生する場合がほとんどである。

 

不動産会社によっては、「仲介手数料0物件特集」のような感じで仲介手数料がかからない物件をまとめていたりするので、仲介手数料がかからない物件を探したい場合は、そこから探す必要がある。

 

 

仲介手数料の料金 

仲介手数料は通常、家賃の1か月分もしくは1.08か月分請求される。

家賃が3万円なら約3万円、10万円なら約10万円となる。

 

 

f:id:redandblack71:20181010115232j:plain

必ずしも安くなるとは限らない

確かに仲介手数料が0円(もしくは安くなる)はありがたい。

だが、たとえ仲介手数料が安くなったとしても、必ずしも希望通りの物件とは限らないし、必ずしも安くなるとは限らない。

 

仲介手数料を請求しない代わりに「敷金」「礼金」を取ったり、「除菌・消臭代」「安心サポート代」「保証会社委託料」等々色々と手を変えて結局お金を取られる、と言う事はよくある。

 

「敷金・礼金」を取る代わりに「除菌・消臭代」や「安心サポート代」等は請求しない、と言う逆のパターンもあるだろう。

 

 

 トータルで見る

結局はトータル(総合)的に見て判断するのが良いかと思う。

物件が希望条件に近いものか?も含め自分が納得する物件を借りたいものだ。