Indibiz-log

副業、不動産、株、ネット収入・・・お金に関する情報を発信するブログ

保険を途中解約する時に受け取れる返戻金について知っておきたい事

f:id:redandblack71:20181009120701j:plain

 

様々な種類の保険

保険には、実に様々なものがある。

  • 自動車保険
  • 賃貸住宅居住者総合保険
  • 火災保険
  • 地震保険
  • 生命保険
  • 賠償責任保険
  • 運送保険

などなど・・・。

かなり多くの保険がある。

 

 

解約手続き

例えば、賃貸物件を借りる際に加入する必要がある場合が多い「賃貸住宅居住者総合保険」を例に話をしてみる。

 

 

例えば、Aさんが2018年の4月からBと言う物件に住み始め、その際にCと言う賃貸住宅居住者総合保険に加入したとする。

だが、やむを得ない理由で10月にDと言う物件に引っ越すことになった。

 

通常、退去手続きをした時点(もしくはその何日か後)で管理会社から保険会社に連絡が行き、解約の流れとなるだろうか。(もちろん自分で保険会社へ連絡しても良い)

 

解約返戻金

 賃貸住宅居住者総合保険Cに退去する旨を伝え解約手続きをすれば、退去日に口座に返戻金(払戻金)が振り込まれる。

 

 この返戻金の額は、保険の始期日~満期日の内の未経過期間、つまり退去日~満期日の期間(日数)によって決まる。

 

このAさんの場合、保険の契約期間を1年とすれば、(大まかに計算すれば)未経過期間は2018年11月~2019年4月の6ヶ月間となる。

 

仮に、分りやすく保険料が1万円だったとすると、期間的にちょうど半分になるので返戻金も5,000円が目安になると思われる

 

 

放置は損

なので、保険期間の途中で保険を解約せざるを得なくなってしまった場合、「面倒くさい」「忘れていた」などと放置してしまうと、受け取れたはずの返戻金を受けとれず損をしてしまう。

 

賃貸住宅居住者総合保険の場合は、退去申請をした時点で管理会社が保険会社へ連絡してくれる事になったいるので、忘れる事は少ないかもしれないが。

 

この返戻金は、住宅居住者総合保険に限ったものではない。 

なので、解約することになったら保険会社に連絡することが大事だ。

 

 

注意点

ただ、全てが全て返戻金があるとは限らない。

中には返戻金の無い保険もあるだろう。

その辺は各々確認する必要がある。